ジュエリー

花嫁と花

婚約指輪は女性にとってとても重要なものです。 いつの時代も憧れを持つ女性は多くいます。 その分、購入する男性にとっては悩み事の一つになってしまうケースもあります。 良いものを贈りたいと思う一方で経済的な不安もあるのが正直なところではないでしょうか。結婚が決まると婚約指輪のほかにも様々な場面で普段よりお金がかかります。 多くの男性が良いものを安く購入したいと思うのが当然です。 そんな男性に耳寄りな情報があります。 それはジュエリーショップの決算時期を狙うことです。 ジュエリーショップは2月や8月が決算のことが多いです。 決算時期にはどこのジュエリーショップもセ−ルなどを開催しています。 上手に決算時期に合わせて購入することで婚約指輪の質を下げずにコストを抑えることができます。

ずばり世の中の花嫁さんが実際にもらった婚約指輪の金額を平均するとおおよそ32万円だそうです。 この32万円という価格を聞いてどう思うかは個人差があると思います。 しかし、ひと昔前の婚約指輪は給料の3ヶ月分という話から比べれば安いのではないでしょうか。 給料の3ヶ月分などと言っていたのはバブルの絶頂期です。 今は経済状況も変わり人々のお金に対する考え方も変化してきています。 特にバブルを知らない若い世代はお金に対してとても現実的な考え方の人が多いように感じます。 結婚指輪に関しても平均は32万円ですが、中には10万円前後のものを購入する人も少なくありません。 装飾品にお金をかけるよりも新婚旅行や新居の方にお金を当てたいという理由があるそうです。 婚約指輪は金額の高い安いではなく、二人に相応しいものを選ぶ方が重要なのかもしれません。